スポンサーサイト

上記の広告は2週間以上更新のないブログに表示されています。 新しい記事を書くことで広告が消せます。  

Posted by スポンサー広告 at

2014年09月23日

冷蔵庫が

我が家の冷蔵庫が突然故障した(今日修理の代替機が届いたところ)。
それと同時に、私のipad miniの画面が割れてしまい、アップルの
代理店に行って交換することに新加坡自由行


アップルと言えばipad miniとかはマイナーな方で、
なんといってもiphone。なにせユーザーが多い。
今はソフトバンクだけじゃないからなおさらかと。 そのせいか、店に行くとおそろしいくらいの人数待ちで驚き。
そして、実に様々なタイプの人たちがいたことにも新鮮な驚き。


30分近く待って、やっと順番が来た史雲遜護髮中心
もともと普通に修理をお願いする予定だったのでそこからは
すんなり終わったのだけど、隣の席にいた人が結構執拗なクレームを
つけているのが耳に入ってきた。
同時に、そのクレームに対して淡々と同じことを事務的に答えている店員さんの様子も。


ああ、やはり大げさかもしれないけど、この話のとおりだなあ、と
こちらのコントを思い出した中文補習


  


Posted by lome at 10:41Comments(0)

2014年09月04日

人の生涯は

有名な一文ではあるが、葉蔵に限らず、人の生涯は、多くの恥でできているといえる。一体、葉蔵の恥は恥ではないだろう、たとえ道化を演じた過去があっても、決して色魔とは言えず、簡単に女性を引き込んでしまう、僕からすれば心中しようとしても自分は生き残ったような人間であっても、人間は人間である。向日葵纖體美容投訴

「自堕落的」「自虐的」とは少し違うような葉蔵の生き方、何か自然の赴くままマイナスに突き進む、安定とは無縁で、その日暮らしのようだ。僕にとっては不安と定住しないような生き方は、いささか好きにはなれない。確かに葉蔵は女性からモテている、羨ましくないかといえば心底羨ましい、僕も男だからだ。モテているからにしては男らしくない葉蔵、何か女を守れない病癖を持っているように思えてしまう。

自分は、ぐらぐら目まいしながら、これもまた人間の姿だ、これもまた人間の姿だ、おどろく事は無い、など激しい呼吸と共に胸の中で呟き、ヨシ子を助ける事も忘れ、階段に立ちつくしていました。
向日葵纖體美容投訴

僕はヨシ子がかわいそうで仕方がない。葉蔵という人間は大切な妻が犯されているのに、堀木と屋上で夕涼み。葉蔵には誰もなりたくないだろう、人間は愛する者のために生きるものであって、何かが起これば愛する者を守るのが当たり前である。犯人は、葉蔵に漫画を書かせて、僅かな金をおいていく三十歳前後の小男な商人、それも無学だったのに、男らしく守ってやれないとは、こんなのヨシ子がかわいそうすぎると思った。小男な商人なんて闇雲に殴ってやれば良いのに、何故できないのか。

いろいろな問題があったが、僕の中では、ヨシ子を守れなかった葉蔵が憎くてしょうがない。まあ、何かしらの不安を抱いているから人間らしからぬことになる。だから葉蔵は、ヨシ子の一件だけでも本物の「人間失格」だと思える。別に自然の赴くままマイナスに突き進むような生き方であって良い。たとえ道徳や倫理が人間が考えて作られているとは言え、人間である限り、人間らしく道徳心を持って生きなければならない。本当に葉蔵は、道徳心がなかったのか、あったとしても大いに過失をしたのは間違いない。かわいそうだけど、葉蔵に対して声を大にして言いたい、「本物の人間失格は葉蔵だ」と。それにしても「人間失格」も名作である。向日葵纖體美容投訴
  


Posted by lome at 16:46Comments(0)reading