2014年07月02日

林黛玉は賈家

『新華辞典』は、「養子縁組」に対する解釈が、他の人を徴収していての子どもを自分の家の人だと思って育てたと言う。そこは二層という意味であり、一つは他人の子供や2は自分の家だと思っていた人だった。考えてみれば、自分と他人の決壊したうちの形式のようだが、実際にはないことに他ならない。林黛玉は仕方なく、経贾府の同意を得てこそが入院した賈社は、賈社の親外孙女を成して、賈母可爱がるが、孫娘に、孫娘があっても大きな违います。祖母の家で生活している良い条件ではないんだ。自分の家にして、自分の家が思うようにするよりは、「ドライ」だ。「養子縁組」という言葉が出た。林黛玉は賈家としてと立場だが、このの悲惨な生活に遭遇した。
高鹗本第3回の立ち回りを「托内兄は海の公認西ビンシゲラ接外孫賈母を惜しむ孤女』だ」とし、「接」と「惜春の二つの言叶で表现した「迎えに」式の盛大に「おとそ」の字を表现した賈母、林黛玉も大目に見て、いずれも、当時の具体的なシーンの描写も語り、出なかったのは、贾府玉の后の生活経験を、表現力が曹雪芹の「養」という言葉は実力不足だった。程伟元本の立ち回り続く「林黛玉胴上げ父進京都」を使った一つの「進」になっているが、それは「ゴール京都」は、林黛玉進贾府比類から遠く離れていて、進府後の盛大なシーンがないと連絡し、ましてや林黛玉の今後に遭った可能性を示唆した。
贾府林黛玉」に入った後、食う用度など均と、春の姉妹と同じだった。入居後大观园)に住んでいる潇湘館、花见をして抚琴、欢宴戦の詩、人生の富貴栄華だった。しかし、表面の悦楽を静めることが彼女の心の中の悲しい、持ち前聡明さ灵秀なかった彼女は、機敏に気づくまでには他の姉妹のとは違って、感じれはした「養子縁組」後の悲しいみたいに、昼夜を問わず交代で、花が咲き、でも彼女を连想するよりは、自分の人生の悲しい感じないように聞こえる。は一生の問題で、林黛玉所に依存してきたのであり、一つは嘲笑い、第二は賈母だ。然宝玉天性まろやかしようとしてくれと善良で、他の姉妹があって、侠の豪快な史湘云尚良しヒョンスクさんの薛宝钗、彼女に浮べるに愛をされていた人物を夺われの危険のため、嘲笑い頼りない;賈母は贾府は絶大なという地位に輝く、玉の極护爱されなくても、「木石前盟」と「クレジットカード」という選択のうち、を選択したとし、結果的に薛宝钗林黛玉に追い込んでいるのが死亡した。「一年三百六十日、风霜オム・サンホ刀剑させようとするだろう」と話した。彼女は贾府が真実の生き方だ。
niwewer
kooieerly
夕阳下额眼泪博客
juuewer
じいうぇえ

  


Posted by lome at 17:14Comments(0)事迹发生