QRコード
QRCODE
インフォメーション

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
lome
lome

2014年06月20日

施政阅覧ニュース

だと僕は思った。わかった、人间が時代がだんだん简単ほど生きていると世界越调和がとれています。不尊者諱になる、不213 -言、不低眉顺眼長期的眼目をせずに、一本の木、浪漫割。止血割は草、いい花草いい天気の中で、気持ちは一本漸によって醸成されたり、川のほとり贴って意味のいいお茶を飲むことができる。简単で良かったです。剃つ板寸、スイートジャケットをしようと、ネクタイをかけたくない、ダースはこんなにをあけ、軽い。おなかがすいた食べて、ご饭を食べる食べる欧米、お腹があればいいです。喉が渇いたから、水を飲んでお茶を饮み物を、のどを潤すだけでいい。自転车に乗って外出してもいい、殴らなかったのもいい、保証を気づかうせず、どう行くんだ。
行動を問わず、一部屋の同僚、一大の庭の隣人であるか、それとも一条途上の车友、地域の皆さん、なじみの、慣れないで、みんなは無言のままうなずくとはかすかに笑って、人を尊敬を他の人に対する尊敬が人を他の人を集めた。当面锣なければならないという意見が对面鼓口論をして、当時は个が赤くなって首の太い、言うわけだし、心を开いた本とおもっているだけだった。
出社して先頭に立たなければ、芸能の干事业だった。革新のみ思考や思考で革新、方式、方法論で革新がありません。背後やり口や有害カンフーのは、創なかった新しいは损人利己どころか、利己的ではない」とし、损人
日常生活で、一般の日々は勿論のこと、習慣講伝统を持てを人子は父親として人夫だった。家の板床がいたり、席梦思で睡眠容ベ寝言容られそう考えてみた。不挖空心思やりたい放题に行って誰が誰とのうわさは、あらゆる手段を動員し、扇動せずに行って誰と誰斗へ行く、そんなことはありませんて首を出る背後から上部ぶらさがりダース谁の小报告もないうえ、すべての机会を利用できるの権限は、谁かに生産小鞋——そんなやり口私が使えないよりは、軽蔑するつもりなのか。
インタネットをあげる余裕も狩りに文书搜图狩り、施政阅覧ニュース阅覧レース、読書新散nuskin 如新文阅读古い敍事の読書先鋒小説を書いてきた。不合わせない悪意に没頭するものではない」と、あの難字も生き残る、简単かつ透明化され、公开して本、肌で感じる世界染み込ん鱼类、みずみずしい。孔子門下の颜回さん。「メ食、瓢飲で、陋巷を一切認めない楽」;蘇東坡は「江主席が乳花浮い午ょうどまうえに、蓼茸首席筍試作春皿、人间つどは清欢」;郑板桥は「大根青菜玄米飯、瓦壷天水菊花茶」をたっぷり生命;老人はもっと透く、「事因知足(チゾク心のサンラクフード、無求品は高い」と説明した。これらはすべて高く境界の簡単なものではない。


  


Posted by lome at 12:23Comments(0)事迹发生