2014年04月17日

兰草の层峦止まる小禽间

秋風じれったい、柳の腰イチャイチャ秋錦のすらりだった。はおち間の场所を、しばれる中をなでていたその池が寝て水面に日差しを軽くなつみ」を拾いさざ波間蝋の伸びやかながらダルそうな将之だった。あの一巻にコバルト色、例えば錦よう緞を広げ、热情に覆われて空の一阕だった。
淡く微か云丝よ、兰草の层峦止まる小禽间、あの切ない婉曲にムルドイドン绀碧に话しかける。足を止め、あのもて拝聴し、淡々とした練習しているか。いったい、どうだろうか。晴天が言っているのと友达だったのだろうか。は、言って静然の美しいのですか?それともが霊柩車に希望をふき、无休无限ですか?
藍色のひきさこ総である方静幽だけでなく、一人が募集えない远くから、釈然としない黙殺してはいけない子供に対するセクハラ論争へ游びに行きます。青い海の下、拾い沈殿物の優雅さ、次々との期待を収穫している喜びをした後、あるいは、失望的でかつ、憧れの中で、さらに確信したくらい忠実なリーと信念の目を引いた。
「いいから水が贫しいところがあって、见云から時」の無心と长闲だ。すべては、いつも妄想を淡々としていた心には情が守らなければならない静宁は水のようです。1本は容易なことではない、晴明の绀碧の下で淡々としている超然主義の幽明と静かになった。行商を招いたのはいないでしょう?総は晴天の天蓝の下では、夢のような憧れ,にはたくさんの躊躇いとの期待を……
闻くにそれは遥かな时间を吹きの秋風にそよぎ落ち葉の千愁百を歩き回った场所では、无绪の几多(いってらっしゃるだったのだろうか。死にものぐるい悽絶な凋残万物の休の中で、まだその暖かい寸缕ビームをするということも、仕方なく情に中の慰める静かだったのだろうか。
秋晴れ晴天に流れていくのが去来碎语将之だった。藍色の时间が覆った一山(秋がつぶやくと……
  


Posted by lome at 12:02Comments(0)