2014年03月24日

手腕の披露

舞台となる家の主人で銀行に勤める男の名前だ。

邦題の『ウォルト・ディズニーの約束』ではピンと来ないこの映画の主題を、
彩铅美食
原題は明確に現している。


 この映画の主題は、

『メリー・ポピンズ』制作におけるディズニーの手腕の披露ではない。

作者トラヴァースがこの著作に寄せる深い思いと、适当的放弃

それをディズニー達がようやく理解していく様が描かれているのだ。


 トラヴァースの思い。

それは、頻繁に挿入される幼少期の回想シーンによって、

徐々に明らかになっていく。

規律に縛られ、金に翻弄され、壊れていく父。

そして、その父を救えなかった自分……。

 著書『メアリー・ポピンズ』は、

自らの深い悲しみと苦しみの投影として書かれたのだ。

しかしそれを知らないディズニー達は、

この作品を子どものための安易な夢物語に仕立てようとする。

おとぎ話的な脚本も、お気楽な音楽も、
把握人生
ディズニーによる曲解された物語解釈自体さえも、

全ては彼女にしてみれば、頑ななまでに否定せざるを得ない代物であった。
「(メアリー・ポピンズが)子ども達を救うために来たとでも思ってるの?」
という彼女の言葉には、

彼等の無理解に対するどうしようもない憤りが現れている。 岁月无恙
写写也精彩







 ディズニーがこの映画で救うべきは子ども達ではなかった。

『Saving Mr. Banks』。そしてひいては……。  


Posted by lome at 16:15Comments(0)

2014年03月21日

最後は2段階アッ

今回は昼の陣に盛り込まれ

前夜から。何か作りこんでいたらしい亀ちゃんの座長企画は

「さぶかる問答」であった。


「さぶかる」とは「オタク文化」でもある。

この文化について。。。というか。

サブかる陣笠たる亀ちゃんのための(もちろん座長なので)

音譜な部分が引き出されるはてなマークというような企画であった。


もちろん。スケッチブックとペンが回答する武将様たちに配られ。




「はち丸」がどれはてなマークの簡単な三択。

(それでも。回答中に「うながっぱ」がおり。そのダンスを亀ちゃんが披露したり

  出世大名家康君=徳川家康公の静止画が混ざりこんでいたり。。。。。。。。)


亀ちゃんがほしがっている太刀はどれはてなマークといった。

ちょっと解りにくいもの。。。なので

結局。最終問題まで皆。横並び状態。で終わってしまい

最後は2段階アップという特典もあったが。だからと言って逆転というサプライズもなく。



その問題が「大王具足虫」の絵。

爱的鱼眼睛

前回見ていた際も。スケッチブックを持つと絵をかきたくなるかの御方は。

ご自分の肖像画(結構サブカルタッチかも( ´艸`)と具足虫を描いておった

確かに上手い。。。ソツもないが。。。。苦难的避难所




ついつい。亀ちゃん作の「立体具足虫」との見た際の視点と

目な味わいで。。。。。撑起最灿烂的笑容


信長公のものに1票投じる(拍手)という謀反を起こしてしまった(^▽^;)



儂らは徳川家臣である。适当的放弃

でも。御方ならば。なんでもOKとは言わん癖もあるモノ。

「儂らの感性が一番に大事。」なんじゃな。。。


まぁ。。。。主君が主君なら。家臣も家臣。と思われる所以でもあろう。。。。生命de 裂缝







  


Posted by lome at 17:47Comments(0)事迹发生

2014年03月18日

娘は、「おばあちゃ

「『孫は来て嬉し、帰って嬉し』の気分、味わえた?」
と、孫を我が家に放り込んで、本人は外出の娘は、しゃしゃーと言う。

まあ、そんなかんじかな~、と、言葉を濁したが、まさにその通り。

同居して、孫の面倒を見ておられるおばあちゃんの方々・・・
本当に本当に本当に心の底からアタマが下がる。
絶対にわたしは、できそうもない。

孫に振り回され、娘婿に気を使い(娘婿も気を使い)、ついでに自分の夫もいる・・・
そんな、がんじがらめの日常生活・・・よく皆さん、耐えておられるなあと感心する。


わたしは、子育て時期には、優雅な生活とはきっぱり決別し、住まいも家具も衣類も、すべて子育て仕様に徹底した。
子どもが使って、どう壊れても傷ついてもいいもの、
「コラ!それは、高価なものなんだから、触ってはいけません」とは絶対に言わなくてもいいものばかりに、すべて換えた。
家も社宅や中古住宅。
すべての生活を、子どもに合わせた。
そうやって、子育てを終了し、無事、大人の落ち着いた生活を満喫できる日を手に入れた。

子育て期間中は、田舎の蔵に眠らせていた家具たち、それらを出してきて、さあ、これからは、充実の趣ある生活を楽しめる・・・
そう期待して、愛しみ続けた家具たち、家。
が、ちびっ子ギャングの出現で一転。いや、暗転。

一からデザインを描いた、思い入れたっぷりの家、内装・・・空間・・・
べったべたの手で、あちこち触りまくるわ、よだれがボトボトだわ・・・は、拭いたらまあいいとして、
家具や床の間を噛むと、剥げ落ちて歯型がくっきり。
床も、モノを投げたり、モノで叩いたり、引きずったりで、べこべこへっこんだり、傷がつき、雪平鍋のよう。

新築後、大事に大事に暮らしてきたのに・・・
涙、涙、涙・・・

娘は、「おばあちゃんは、孫より家具のほうが大事らしいで~」と言う。
「アンティーク路線で行けば?」とも。

古いものと、傷だらけのものは違う。
古いものを大切に使うのが、アンティークである。

孫は、ほんの1歳になったばかりなので、まだまだヤンチャではなく、大人しい。
これが、どんどん成長していき、やがて一人が二人になり・・・あわわわ、あわあわ・・・。
想像するだけで、恐ろしい。
いっしょに、洗濯機の中に放り込まれたように、子育て大合戦に巻き込まれる図。

もともと、家や家具にこだわりがあるだけに、とても複雑な心境だ。
ぼろぼろで、そろそろリフォーム時期なら、なんの問題もないが、
新築以後、とても丁寧に使ってきている。

ババのわがままだとは思うが。
ぜんぜん、気にならない家で子守をするなら、どんなに気楽か。
そんなこと、言ってられないんだろうなあ・・・

「出来る限り、自分の出来ることをして子育てをサポートしたい」・・・との理想に燃えたキレイごと発言、
口から出任せではないはず・・・なのだが・・・。

  


Posted by lome at 18:42Comments(0)

2014年03月15日

も感動して、大喜び

2つめは、我が家の娘の上司.Sさんが

数年前、皆既日食撮影のため

徳之島経由で奄美大島へ向かった。

徳之島に1泊され、翌日奄美へ向かうSさんを

じじとばばは何処かご案内しようと思っていた。

その時、Tさんのお宅で「琉球コノハズク」を飼育していたので

Sさん共々立ち寄ってみたら、美味しいコーヒーで接待して下さり

更にはアカヒゲが身近で見られる場所へ案内してくれた。

幸いアカヒゲが複数羽、すぐ目の前で観察でき写真も撮れて

Sさんも感動して、大喜びだった。



そして、3つめが今回の「コウノトリ情報」。

2回は素人にじじ&ばば&姉で出かけ手ぶらで戻った。

3回目の昨日、Tさんはわざわざ先回りしてコウノトリを見つけ

ばば達の到着を待っていて下さり、

さらにコウノトリが飛び立つ度に追いかけて

正確な場所を押さえ、お陰様で貴重な貴重な写真や動画を撮る事が出来た。



ばばは、昨日、Tさんと合流した際「Tさんは神様です!」と

両手を合わせたが、冗談では無く

本当に大事な場面で、毎回毎回助けていただいている。

いくら口でお礼を言っても言い足りないくらいだ。
  


Posted by lome at 12:33Comments(0)事迹发生

2014年03月10日

り粗食だった

食べすぎは人間の体に悪いですからね。
ffing 的日誌



きっと食費がアップするのは質(物)が良いのではなく


量が多いのではないでしょうかね。夏日的星空


節約志向の現代で食費がものすごく高いのは買いすぎだと勝手に思います(笑)


振り返る事は大事ですから、冷凍庫を確認しましょう。



しかし、昨日の全力教室みて勉強になりましたわ。


南雲先生が板尾創路に見えてしかたなかったけど(笑)


58歳には見えないな。若い!


やっぱり粗食だったな・・・予想的中!


40代以上は粗食にするべし! kaver's diary



しかし、加藤浩次の太り具合はなんとかしたほうがいいのでは・・・。


やっぱり40歳超えると太りやすいな。



私はダイエットブログもやっているのですが、毎日体重と体脂肪を


勝手に公開しています(涙)お見苦しいのでリンクは貼りませんよ!
vieerli123


体重が増えるとものすごくアクセスが増えて、減るとアクセスが激減するのですよ。


やはり他人の不幸は蜜の味なんでしょうね(笑)落ち葉の色










  


Posted by lome at 17:27Comments(0)