QRコード
QRCODE
インフォメーション

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
lome
lome

2014年03月18日

娘は、「おばあちゃ

「『孫は来て嬉し、帰って嬉し』の気分、味わえた?」
と、孫を我が家に放り込んで、本人は外出の娘は、しゃしゃーと言う。

まあ、そんなかんじかな~、と、言葉を濁したが、まさにその通り。

同居して、孫の面倒を見ておられるおばあちゃんの方々・・・
本当に本当に本当に心の底からアタマが下がる。
絶対にわたしは、できそうもない。

孫に振り回され、娘婿に気を使い(娘婿も気を使い)、ついでに自分の夫もいる・・・
そんな、がんじがらめの日常生活・・・よく皆さん、耐えておられるなあと感心する。


わたしは、子育て時期には、優雅な生活とはきっぱり決別し、住まいも家具も衣類も、すべて子育て仕様に徹底した。
子どもが使って、どう壊れても傷ついてもいいもの、
「コラ!それは、高価なものなんだから、触ってはいけません」とは絶対に言わなくてもいいものばかりに、すべて換えた。
家も社宅や中古住宅。
すべての生活を、子どもに合わせた。
そうやって、子育てを終了し、無事、大人の落ち着いた生活を満喫できる日を手に入れた。

子育て期間中は、田舎の蔵に眠らせていた家具たち、それらを出してきて、さあ、これからは、充実の趣ある生活を楽しめる・・・
そう期待して、愛しみ続けた家具たち、家。
が、ちびっ子ギャングの出現で一転。いや、暗転。

一からデザインを描いた、思い入れたっぷりの家、内装・・・空間・・・
べったべたの手で、あちこち触りまくるわ、よだれがボトボトだわ・・・は、拭いたらまあいいとして、
家具や床の間を噛むと、剥げ落ちて歯型がくっきり。
床も、モノを投げたり、モノで叩いたり、引きずったりで、べこべこへっこんだり、傷がつき、雪平鍋のよう。

新築後、大事に大事に暮らしてきたのに・・・
涙、涙、涙・・・

娘は、「おばあちゃんは、孫より家具のほうが大事らしいで~」と言う。
「アンティーク路線で行けば?」とも。

古いものと、傷だらけのものは違う。
古いものを大切に使うのが、アンティークである。

孫は、ほんの1歳になったばかりなので、まだまだヤンチャではなく、大人しい。
これが、どんどん成長していき、やがて一人が二人になり・・・あわわわ、あわあわ・・・。
想像するだけで、恐ろしい。
いっしょに、洗濯機の中に放り込まれたように、子育て大合戦に巻き込まれる図。

もともと、家や家具にこだわりがあるだけに、とても複雑な心境だ。
ぼろぼろで、そろそろリフォーム時期なら、なんの問題もないが、
新築以後、とても丁寧に使ってきている。

ババのわがままだとは思うが。
ぜんぜん、気にならない家で子守をするなら、どんなに気楽か。
そんなこと、言ってられないんだろうなあ・・・

「出来る限り、自分の出来ることをして子育てをサポートしたい」・・・との理想に燃えたキレイごと発言、
口から出任せではないはず・・・なのだが・・・。

  


Posted by lome at 18:42Comments(0)