2014年09月04日

人の生涯は

有名な一文ではあるが、葉蔵に限らず、人の生涯は、多くの恥でできているといえる。一体、葉蔵の恥は恥ではないだろう、たとえ道化を演じた過去があっても、決して色魔とは言えず、簡単に女性を引き込んでしまう、僕からすれば心中しようとしても自分は生き残ったような人間であっても、人間は人間である。向日葵纖體美容投訴

「自堕落的」「自虐的」とは少し違うような葉蔵の生き方、何か自然の赴くままマイナスに突き進む、安定とは無縁で、その日暮らしのようだ。僕にとっては不安と定住しないような生き方は、いささか好きにはなれない。確かに葉蔵は女性からモテている、羨ましくないかといえば心底羨ましい、僕も男だからだ。モテているからにしては男らしくない葉蔵、何か女を守れない病癖を持っているように思えてしまう。

自分は、ぐらぐら目まいしながら、これもまた人間の姿だ、これもまた人間の姿だ、おどろく事は無い、など激しい呼吸と共に胸の中で呟き、ヨシ子を助ける事も忘れ、階段に立ちつくしていました。
向日葵纖體美容投訴

僕はヨシ子がかわいそうで仕方がない。葉蔵という人間は大切な妻が犯されているのに、堀木と屋上で夕涼み。葉蔵には誰もなりたくないだろう、人間は愛する者のために生きるものであって、何かが起これば愛する者を守るのが当たり前である。犯人は、葉蔵に漫画を書かせて、僅かな金をおいていく三十歳前後の小男な商人、それも無学だったのに、男らしく守ってやれないとは、こんなのヨシ子がかわいそうすぎると思った。小男な商人なんて闇雲に殴ってやれば良いのに、何故できないのか。

いろいろな問題があったが、僕の中では、ヨシ子を守れなかった葉蔵が憎くてしょうがない。まあ、何かしらの不安を抱いているから人間らしからぬことになる。だから葉蔵は、ヨシ子の一件だけでも本物の「人間失格」だと思える。別に自然の赴くままマイナスに突き進むような生き方であって良い。たとえ道徳や倫理が人間が考えて作られているとは言え、人間である限り、人間らしく道徳心を持って生きなければならない。本当に葉蔵は、道徳心がなかったのか、あったとしても大いに過失をしたのは間違いない。かわいそうだけど、葉蔵に対して声を大にして言いたい、「本物の人間失格は葉蔵だ」と。それにしても「人間失格」も名作である。向日葵纖體美容投訴
  


Posted by lome at 16:46Comments(0)reading

2014年08月22日

人の価値観

すごく面白い。
わたしと感性、価値観は、そっくり。
視点も興味分野も同じ。
しかも、完璧な文章、内容。
まるでプロのようだ・・・と感心した。

やはり・・・プロのようだ。12ax7


なせならば、定期購読したければ、お金を払わないといけない。
なんでも、タダ(無料)には、限界があるということだ。

お金を払ってまでは、そこまでして、べつに読みたくないので、(時間もないし)
お金を払わなくてもいい無料の部分だけを読む事にしようと思う。

そこで、ふと考えた。
あれが、アマチュアなら?
しかも、膨大な読者を持たない、ひっそりとしたブログなら?

おそらく親近感、手作り感、ぬくもり感を感じることだろう。
前にも、とても素晴らしいブログに遭遇したが、自分との距離感を考え、一度読んだきりになった。
ブログの良さは、双方向にコミュニケーションが取れるということ。
自分と近い距離にある温度感も、わたしは欲しているのだろう。


その有料ブロガーさんが、別のブログを紹介していた。
ご自分の価値観や考えとは、違う、と。
紹介されていたブログもまた、壮大でユニークで、日本の日常とは、かけ離れたところに住む女性のものだった。

日本の価値観に自分が合わずに日本を飛び出しブラジルに在住している女性のブログなのだが、
有料ブロガーさんによると、そのブラジル暮らしの女性は、
人の価値観に合わせることばかりに目を奪われているのではないか、という、指摘、感想をお持ちのようだった。
多くの目を意識しすぎである、とNeo skin lab 介紹人
多くの人に受け入れられようとしすぎ、とのこと。

わたしも、まるで同感だった。
世の中には、似たような考えを持っている人がいるんだなあ・・・と感心した。

あ、それと、内容はともかく、
文体や表現方法は、ブラジル在住女性ブログは、わたしは好きではなかった。

・・・

まあそれはそうとして・・・
上質な読み物は、プロにまかせ、Antique jewelry
わたしはわたしで、アマチュアならではの甘さでも追及していこうかなあと。

(製本にお金がかかりすぎるので実行するかどうか、ちょっとここで、思案時期・・・)

それと、わたしのブログには、自分なりの欠点、欠陥を感じる。
わたしは、なんでもかんでも書いて、ああ、すっきり、というわけではなく、
下品だったり、ストレートすぎる赤裸々系は、NG.
自分にも絶対にその要素はあるのだが、それを文字にするのは激しく抵抗を感じる。
まあ、それだけのことだけど。

  


Posted by lome at 13:03Comments(0)reading